「ソフトウェア, ハードウェア,」 一覧

no image

Microsoftが「ハードウェアの安全な取り外し」を行わなくてもUSBを取り外してOKと認める

2019年4月2日、Windows 10のバージョン1809で2度目の累積アップデートがリリースされました。このバージョン1809以降で、MicrosoftはWindows 10における外部記憶メディアの取り外しに関するポリシーを変更しており、これまで何度も行ってきた「ハードウェアの安全な取り外し」作業は不要になることが明らかになっています。続きを読む......

no image

またもやApple Watchに命を救われる事例が登場、ECGアプリがヨーロッパでリリースされてわずか1週間で

2018年に登場した新型の「Apple Watch Series 4」では、新機能として「心電図(ECG)」アプリが使用できるようになっています。このECGアプリは医療関連機能ということで、各国の当局による承認を得なければいけず、初めはアメリカでのみ使用可能な機能となっていました。その後、2019年3月末にはヨーロッパや香港でもECGアプリが提供開始となったのですが、リリースされてさっそく「ECGアプリに命を救われた」という人が登場しています。続きを読む......

no image

人命救助につながるApple Watchの心電図アプリがヨーロッパや香港でも提供開始される

2018年12月7日にリリースされたApple Watch向けOSの「watchOS 5.1.2」では、Apple Watch Series 4で「心電図(ECG)アプリ」が利用可能となりました。リリース当初はアメリカ国内でのみ提供されていた心電図アプリですが、2019年3月27日の「watchOS 5.2」アップデートにより、ヨーロッパや香港においてもApple Watch Series 4の心電図アプリが利用可能になったと発表されました。続きを読む......

no image

Microsoftがデュアルスクリーン端末用に軽量版Windowsの「Windows Lite」を開発中か

Microsoftがデュアルスクリーン端末用に、新しい軽量版のWindowsを計画中であると海外メディアのThe Vergeが報じています。名前は「Windows Lite」で、競合製品としてはGoogleのChromebookおよびChrome OSを想定しているとのこと。続きを読む......

no image

オープンソースのCPU命令セット「RISC-V」は普及の一歩手前まで来ている

CPUの命令セットをオープンソースとして開発するプロジェクトの「RISC-V(リスクファイブ)」が普及する一歩手前まで来ているとEE Timesが指摘しています。従来のプロセッサ設計の在り方をがらりと変える可能性を秘めたRISC-Vの現状はこんな感じです。続きを読む......

no image

バーチャル世界に現実の物体を持ち込むために「緑の全身タイツを着て撮影」する力技のアイデアが歴史的転換点になりうると話題に

モーションキャプチャーを用いて3Dのアバターを動かしながらさまざまな配信を行うバーチャルYouTuber(VTuber)の活動は、電脳世界を舞台とすることで無限の可能性を秘める一方、現実の物体を持ち込んで活用するのは難しいものがありました。そんな中、「緑の全身タイツを着て現実のものを持ち運びした状態でモーションキャプチャーと透過を行えば、現実のものをバーチャルの体で持ち運びできるのでは」という力技で解決するアイデアを実験するムービーを、なつのっとさんが公開して話題となっています。続きを読む......

no image

ダジャレの面白さをAIが判定し布団が吹っ飛ぶ装置「オフトゥンフライングシステム」が開発される

同じ発音の言葉をかけて遊ぶダジャレの代表的なものとして、「布団が吹っ飛んだ」が有名です。日テレ系列の大喜利テレビ番組「フットンダ」で面白い回答が出ると布団が吹っ飛ぶように、面白いダジャレに反応して布団を吹っ飛ばすマシン「オフトゥンフライングシステム」が開発されました。続きを読む......

no image

Appleが「HomePodはユーザーの声を正確に認識するためどのような技術を用いているか?」を解説

Appleの音声認識アシスタントである「Siri」は、iPhoneやiPadといったモバイル端末の他、スマートスピーカーのHomePodにも搭載されています。iPhoneなどは比較的ユーザーの口の近くで「Hey Siri」と使用されるものですが、スマートスピーカーのHomePodは一カ所に固定して使用するものであるため、iPhoneなどよりも遠くからユーザーに話しかけられるケースが多くなり、環境音などの中から正確に「Hey Siri」というコマンドおよび話者の発言を認識する必要性が出てきます。「TV...

no image

睡眠時無呼吸症候群の患者が医療機器のハッキングによって「生きながらえている」と語る理由

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患で、治療を行わないと心臓発作や脳梗塞、糖尿病、心不全、不整脈、肥満、交通事故のリスクが増加するといわれています。この患者たちがCPAPと呼ばれる呼吸器をハッキングして自分自身で医療機器を調整する動きがあり、医療の落とし穴と、ハッキングによって「生きながらえている」と語る患者たちの姿をニュースメディアのMotherboardが追っています。続きを読む......

no image

RISC-Vは「ムーアの法則」以来の技術イノベーションになるとの予想

大学発のオープンソースで開発されるCPUの命令セットアーキテクチャ(ISA)の「RISC-V(リスク・ファイブ)」の開発は、いまやMicrosoft、IBM、Qualcomm、Micron、Samsung、Huaweiなどの名だたる企業が参加する一大プロジェクトとなっています。CPUというハードウェア開発の鍵となるISAをオープンにするRISC-Vは、「ムーアの法則」の終わりの時代に現れた、将来のコンピューティング・エコシステムを大きく変える可能性を秘める存在だという予想があります。続きを読む......

no image

Linuxディストリビューション「Ubuntu 18.10」は6年の時を超えてどれだけ進化したのか、「Ubuntu 12.10」との性能比較レポートが公開中

2018年10月4日にリリースされたLinuxディストリビューション「Ubuntu 18.10」と2012年にリリースされて2017年4月にサポートが終了した「Ubuntu 12.10」とのベンチマーク比較を、Linux機器のレビューを行うPhoronixが報告しています。6年という月日を超えて、Ubuntu 18.10はUbuntu 12.10に比べてどれだけ速くなったのか、そして2018年1月に発覚したIntelプロセッサの致命的な脆弱性の影響はどれだけみられるのかの検証となっています。続きを読...

no image

Amazonは「Alexa搭載電子レンジ」などさまざまなAlexa搭載の家電製品を売り出す予定

Amazonが開発したAIアシスタントの「Alexa」は、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」に搭載されており、音声制御だけでなくインターネット経由で使用できるサービスや、「Alexaスキル」と呼ばれる非常に多くの機能を使用することができます。そんなAlexaについて、「Amazonは2018年末までに『Alexa搭載の電子レンジ』を含む8種類のAlexa搭載家電製品を発売する予定だ」と報じられています。続きを読む......

no image

VRを使ってスポーツ選手の動体視力を向上させることが可能なシステムが登場

「SyncThink」はバーチャル・リアリティ(VR)ヘッドセットとニューロテクノロジーや脳分析を組み合わせ、眼球運動障害や前庭機能障害などを診断可能なデバイス「Eye-Sync」を開発する企業です。そのSyncThinkが新しいソフトウェアを発表しており、これを使えば健康なアスリートでも多くのスポーツで重要となってくる「動体視力」を鍛えることが可能になるそうです。続きを読む......

no image

GoogleはAI制御でデータセンターを冷却するシステムを導入し30%の省エネに成功

2010年にGoogleによって買収されたイギリスの人工知能開発企業であるDeepMindは、2016年にGoogleのデータセンターの冷却効率を、AIを使うことで40%も削減する事に成功しました。その後も協力してデータセンターの冷却システム改善を続けてきたGoogleとDeepMindが「完全にAIが制御して人間の手を必要としない冷却システムを導入し、30%の電力削減に成功した」ことを発表しています。続きを読む......

no image

CPUやGPUに代わって「FPGA」がコンピューティングの主役に躍り出る可能性はあるのか?

IntelがFPGAメーカーのAlteraを巨額で買収したり、MicrosoftがデータセンターにFPGAを使ったり、AmazonのAWSがFPGAに対応したりと、「field-programmable gate array(FPGA)」がコンピューティングの世界で存在感を増しています。CPU・GPUとの違いや、ディープラーニングなどでGPUを置き換える存在となるのかなど、FPGAの現状と将来について、Netherlands eScience Centerのアッツェ・ファン・デル・ペロッグ氏がまとめ...

Copyright© 「投資に転職した」男のブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.