「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

                        Investing.com 




スポンサードリンク

 

東京外国為替市場概況・10時 ドル円、伸び悩み

投稿日:

 9日の東京外国為替市場でドル円は伸び悩み。10時時点では113.96円とニューヨーク市場の終値(114.07円)と比べて11銭程度のドル安水準だった。東京勢が参入するにつれ利益確定の売りが優勢となり、一時113.91円まで下押しした。実質ゴトー日(5・10日)の仲値では114円付近まで強含むも、仲値後は114円台を維持することができなかった。
 ユーロ円はやや上値が重い。10時時点では129.52円とニューヨーク市場の終値(129.61円)と比べて9銭程度のユーロ安水準だったほぼ同水準だった。ドル円が114円割れとなると129.51円まで弱含み。日経平均がマイナス圏でほぼ推移したことも重しとなり、129.50円台で戻り鈍く、10時過ぎには129.45円の日通し安値をつけた。
 ユーロドルは小動き。10時時点では1.1366ドルとニューヨーク市場の終値(1.1363ドル)と比べて0.0003ドル程度のユーロ高水準だった。東京午前では動意が付き難い展開が続いた。
 豪ドルは伸び悩み。豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告が発表され、「インフレや雇用の見通しはある時点での利上げの可能性を意味している」と次の行動は利上げを示唆したが、「短期的に金利を変更する強い根拠はない」との文言は維持されたため、早期利上げを高める内容とはならず。朝方に0.7271ドルまでじり高となった豪ドル/ドルは0.7250ドル台へ、豪ドル円は82.88円を頭に82.59円まで水準を下げた。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:113.91円 - 114.09円
ユーロドル:1.1363ドル - 1.1369ドル
ユーロ円:129.45円 - 129.65円

-未分類

Copyright© 「投資に転職した」男のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.