「株式投資初心者が、すぐにプロの手法がわかるブログ」

                        Investing.com 




スポンサードリンク

 

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロ円、弱含み

投稿日:

 6日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は弱含み。2時時点では127.91円と24時時点(128.02円)と比べて11銭程度のユーロ安水準だった。24時半前につけた128.22円を頭に、軟調な欧米株を背景にリスク回避の円買いが進んだ。1時半頃にはロンドン午前につけた日通し安値127.68円に面合わせした。その後、一時780ドル超まで下げ幅を広げたダウ平均が580ドル安程度まで買い戻されると、ユーロ円も127.90円台を回復した。
 リスクに敏感な資源国通貨も対円で下値を広げ、豪ドル円は80.93円、加ドル円が83.57円、南ア・ランド円が7.90円まで一時売り込まれた。
 ユーロドルは上値を抑えられる。2時時点では1.1373ドルと24時時点(1.1393ドル)と比べて0.0020ドル程度のユーロ安水準。低下基調の米長期金利などを支えに、24時半前には1.1413ドルまで上値を伸ばした。ただし、買い一巡後はユーロ円の売りにつれ安となり、1.1358ドルまで売り戻されている。
 ドル円は下げ渋り。2時時点では112.46円と24時時点(112.35円)と比べて11銭程度のドル高水準だった。地合いの弱い米株や2.82%台まで低下した米10年債利回りを受けて、112.24円まで日通し安値を更新した。その後は、株価や米金利の下げが一服するとともに112.40円台まで買い戻された。
本日これまでの参考レンジ
ドル円:112.24円 - 113.21円
ユーロドル:1.1321ドル - 1.1413ドル
ユーロ円:127.68円 - 128.45円

-未分類

Copyright© 「投資に転職した」男のブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.